スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大阪府、東大阪市の現状を検証2

●●東大阪市の水道代は高いのか?●●

普段何気なく料金を支払っている水道料金。これらは、市の水道局などが各家庭に上水道を供給し、その使用量によって料金を徴収しているものです。つまり水道事業は各自治体が独自に行っている事業であります。
もちろん料金も、各自治体の事情により大きく異なります。では具体的にどれくらい違うかを検証してみます。

近畿2府4県の県庁所在地の比較をしてみましょう!!
(口径20mmで20m3の月額料金)

1,774円 滋賀県 大津市
2,016円 大阪府 大阪市
2,446円 兵庫県 神戸市
2,614円 京都府 京都市
2,730円 和歌山県 和歌山市
3,349円 奈良県 奈良市

水道料金 月1,500円以上の差!

一番安いのは、滋賀県大津市。逆に一番高いのは、奈良県奈良市。
なんと、大津市より1,500円以上も高い料金になっています。各家庭の平均的な水道使用量は20m3前後といわれています。

平均的な家庭では、水道料金は月に1,500円以上も差がでるということ!月1,500円とすると年間約18,000円も異なります。
これでは水道事業が公平なナショナルミニマムとは言えず、見過ごせない値段の差であります。

滋賀県は琵琶湖がある水源豊かな立地なので、水道料金が低料金なのは納得できます。
ただ隣の京都市は少し高め。
同じ琵琶湖を水源とするものの、琵琶湖疏水を使って水を運んでいるので、その設備費用などにコストがかかっているのでしょう。また、一番料金が高いのは奈良県奈良市であります。奈良県は主な水源が吉野川などのダムに依存しています。
これらのダムから市街地まで水が送られていますが、これらのコスト(設備、維持管理費)が水道料金にも反映されています。

大阪府:北部が低料金の傾向になっている

大阪府では、吹田市と大阪市の料金の低さが目立っています。
また、上位10市を見てみると、守口・枚方・高槻・箕面・豊中と吹田市や大阪市も含めて北部に位置する市が多いことがわかります。東大阪市は33市町村で16位とそれほど高いとは言えません。
一番高料金だった松原市より、奈良市のほうが高い設定となっています。
そういう意味では大阪府は他府県より水道料金が安いとも言えます。

さて、東大阪市の水道代は一般的に高いと言われていますが、近隣市との比較で言えば自主水源を持っている大阪市よりはかなり高いが、近隣の八尾市、大東市に比べて決して高いとは言えません。

総論で言うと、下水道を含めて山間部を抱える市町村はインフラ整備がどうしてもコスト高になると同時に、自主水源のない市町村は大阪府営水道から購入するためどうしても自主水源を持っている大阪市等よりも水道代が高くついてしまうのが実情であります。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。