FC2ブログ

成人式「権利と義務」

一昨日と、昨日は全国的で成人式が行われましたが、私も振袖を着た20歳の新成人をあちこちで見かけました。厚かましい表現ですが、私自身成人になった頃がつい昨日のような気が致しますが、本当に月日の流れるのは早いもので、あれから16年も経過しているのかと思うと、どれだけ成長したのか恥ずかしいくらいです。

振り返って20歳になった時の感想は「これで気兼ねなくやっとタバコが飲める、お酒が飲める」等あまり成人になった自覚がなく、単に成人式で旧友と会えるのが楽しみだけでした。そう考えると本当に成人になった自覚なんてなかったと反省しています。今日あるテレビ番組でのニュースで成人年齢をを18歳にすべきでは、との表現がありましたが、賛否両論があると思います。

例えば20歳で認められているものは「タバコ、酒、選挙権、少年法」等、一方18歳で認められているものは「男子の結婚、自動車の免許の取得」等明確な年齢の違いの根拠がありません。

私は安易な発想で18歳で成人年齢にするのは反対であります。18歳という年齢に反対するのではなく、成人とはなにか?という根拠を明確にし、その上で成人の「権利と義務」を自覚させる必要があると思うのです。成人の権利ばかりを議論するのではなく成人としての義務と責任も同時に議論すべきだと思います。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)