FC2ブログ

分際3「グレーゾーン」

消費者金融のコマーシャルで「分相応」的な表現で借りすぎの注意を啓発する広告が多くあります。昨年に議論されていました消費者金融の貸付金利グレーゾーン撤廃に対して大阪の国会議員で反対している方が居られますがその真意は判りかねます。

それでは、貸す側が悪いのか?借りる側が悪いのか?という事になりますが、法律の規制は絶対に必要です。最近、儲かればなにをしてもいいという、風潮が満栄していますが、商売、商業には必ず一定のモラルが必要であり、「道徳なき商業は」はいずれ身を滅ぼすことになります。

要するに「他人の犠牲の上に己の幸せがある」そういう風潮を政治が払拭をしなければなりません。金融面で申しましと、借りる方も、貸す方も、当然自己責任は必要ですが、双方の立場に偏らない一定ルールを作るべきだと考えています。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

その国会議員はだれですか?

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャッシング-金利・審査・安全性で比較
「借入件数の多い方でも即刻融資」「低金利一本化」などともっともらしい宣伝をしていますが、これらは危ない場合が多いです
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)