FC2ブログ

金融支援策 「資金援助」

中小企業や零細企業の金融支援策は千差万別、多種多様の考え方があります。東大阪の企業では同族会社や個人経営等の零細企業が多く、資金面では個人資産を投下し運営しているのが現状であり、出来る限り運転資金を金融機関から借り入れずに自助努力で運営されています。

金融支援の多くは、銀行や信用金庫等の金融機関を利用し、保証協会付けで円滑な借入を促進していますが、貸し付けだけではなく一例ですが、商業手形の割引金利減免措置や与信優遇システムを導入するべきだと考えます。

塩川先生の財務大臣就任期間中は特に、多種多様の金融相談が日々山積するほど多くありました。その中でも、商業手形を金融機関以外で現金化し、高金利での割引による金利負担が商売を圧迫していた例がありました。現時点での手形システムは企業運営に於いて必要なシステムで有り続ける限り資金援助以外にも目を向けるべきだと考えます。

不況業種である建設業界では、早くから銀行と大手ゼネコンが提携し、低金利で現金化できる支払いシステムを構築しており、民間の良い実例を政治が率先して取り入れ、精査しなければなりません。

資金援助だけのうたい文句的な政策では政治家は必要ありません。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)