FC2ブログ

中国訪問 (中国研究旅行)

ご承知の事と思いますが、今年は日中国交正常化35周年にあたります。先の大戦後、中国との国交が長期にわたり断切していましたが、故・田中角栄元総理等、日中双方の様々な指導者のご努力と情熱が実り、国交を正常化させることが出来たのであり、今では最も密接にお付き合いしている国の1つであります。

先日、国交正常化35周年を記念して、文化交流を目的として上海では有名な「ワイルド・ゼブラ」という劇団が来日しておりました。(大阪公演8月11日?14日)テレビ等でご存知の方も多いと思いますが、私は偶然にも兄の友人からこの文化事業の相談を頂いたご縁から、公演を見る機会を与えていただき、その表現力の素晴らしさ、美しさに感動して帰ってきました。やはり異国の文化に直接ふれるのは最高の感動があります。

ところで、私は自民党青年局主催による中国研究旅行(香港、シンセン、マカオ)に参加することになりました。8月21日?25日と大切な市会議員選挙も控え何かと多忙な日程の中ですが、折角の機会でありますので参加することに致しました。

帰阪いたしましたら各都市で学んだ事をご報告致します。
中国については昨今様々な問題がありますが、前途のように我が国とは密接に関係している隣国でありますし、特に大阪は関空を中心にして最も密接にお付き合いしている国であります。今の日本並びに大阪経済は中国貿易なしに成り立たないと言っても過言ではないと思います。

今回の訪中は私にとって初めての体験となります。自国や今までに渡航した他国との比較や、実地見聞により得た知識を今後の政治活動に役立てたいと考えています。
訪中に際しての参加人数は、自民党の全国青年議員全体で約100名と聞いています。自民党大阪府連からの参加は、大阪府議会から私を含めて5名、大阪市議会から2名参加の合計7名になります。
沢山の素晴らしい同志の方々と意見交換等が出来るまたとない機会であり、訪中以外にも様々な体験が出来ることが楽しみであります。

また、後日ご報告させていただきます。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)