FC2ブログ

東大阪市議会選挙

昨日は東大阪市議会選挙の投票日でありました。市議会の選挙は私達にとって一番身近な議員を選ぶ選挙であり、市政に対する代弁者を選ぶ選挙であります。
しかしながら結果投票率は過去最低の45.48%でした。因みに過去の選挙結果を記載しておきます。

平成15年 48.38%
11年 52.65%
   7年 48.54%
   3年 53.25%
昭和62年 60.48%
昭和58年 65.65%

この結果を見て先ず反省すべきは、政治が完全に市民の皆様からの信頼を失っているということであります。

少なからず市長不信任に対するお怒りの声がこの低い投票率に反映していると思いますし、市議選の期間中も市議選のことより市長選についてのご質問がありましたが、一部の政治家の身勝手な行動に嫌気がさしているのです。

しかし、投票率の著しい低下は組織政党や一部の特権をもった政治家を喜ばせるだけであります。言い換えれば特定の人に選ばれた政治家は特定の人の利益者代表にしかならないのです。余計に国民不在の政治を助長しかねません。

今まさに、本当に政治を考え直すときが来ていると思うのです。誰の責任でもなく先ず自己反省にたって政治家が政治家の役目を果たすべきであります。
誰の為に働くのか?何の為に働くのか?政治家が原点に立つべきであります。

もし自分の家の繁栄だけを願って立候補している者がいるとするならば、即刻政治の世界から退場して頂きましょう。まず投票行動で市民の怒りを示していきましょう。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)