スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

教育文化常任委員会 Q1

大阪府議会も9月20日から始まり、10月16日で終わりました。
私は所属しております、教育・文化常任委員会で10月5日委員会初日のトップバッターとして発言の機会を頂きました。

出来るだけ毎日、一つずつ質疑を掲載してまいります。


私は、自民党の宗清皇一で御座います。
この4月に東大阪市より府議会に選出頂きましたが、選挙戦、並びに様々な活動を通じて、府民の皆様から大阪の教育の再生、発展させて欲しい宿題を与えていただておりますし、私自身も教育の向上を生涯の政治のテーマにしております。
先輩委員の先生方に於かれましてはご指導を賜りますようお願い申し上げ、質問に移らせていただきます。

Q1<宗清>
教員の採用の工夫について質問いたします。
○「教育は人なり」と言われているが、大阪の教育を充実していくためには、能力はもちろんのこと、情熱、意欲のある人を確保していかなければならい。

○私自身も、小中学校を通して本当に素晴らしい先生との出会いがありました。
素晴らしい先生の指導を受け、その人格に触れたことが今日の自分の人格形成になっており、本当に感謝しております。

○ 大阪府教育委員会として「生徒から尊敬され」「親からも信頼される」優秀な教員を確保するためには、求める教員像をしっかりもつことが必要でありますが、この点についてはどのように考えているのか?

A1 <教職員人事課長>
○ 大阪府教育委員会が求める人物像として、何よりも子どもが好きで、子どもと共感でき、子どもたちと向き合い積極的に心を開いていくことができる「豊かな人間性」、広い識見と主体的・自立的に教育活動に当たる姿勢など、専門的知識・技能に裏打ちされた指導力を備える「実践的な専門性」、保護者や地域の人々と相互連携を深めながら、信頼関係を築き、学校教育を通して家庭や地域に働きかけ、その思いを受け入れ、教育活動に活かしていく「開かれた社会性」の3点に着目している。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 大阪府教育委員会 】について最新のブログの口コミをまとめると
大阪府教育委員会に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。