スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

教育文化常任委員会 Q4?4

Q4?4の質疑を掲載致します。
Q4<宗清>
併せて、実際に学校現場等、子どもたちが参加する、具体的な取組みが必要であると考えますが、いかがでしょうか?

A4<総務企画課長> 
○学校での取組みとしては、道徳や総合的な学習の時間等を活用し、地域の方々にご協力いただき、子どもの社会性や実践的行動力を身につけさせる「子どもの未来ハートフルプロジェクト推進事業」を府内小中学校において実施。

○その他にも、府内小中学校における感動体験作文やポスターの募集、先ほど申し上げた「どんぐりの苗木」の植樹、府立学校における周辺道路の清掃や植栽活動など、子どもたちが「こころの再生」について考え、体験する取組みを実施。

○さらには、今年度から、毎月1日をあいさつの日と位置づけ、あいさつ運動を推進している。特に1日が土・日にあたる月(7・9・12・3月)には、小中高校生のボランティアからなるあいさつ運動キャラバン隊を結成し、主要駅であいさつを呼びかける啓発活動を実施しているところ。

○今後とも、学校・企業へのさらなる働きかけを行い、運動の趣旨が子どもたちを通じて家庭にも伝わるよう、工夫してまいりたい。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。