FC2ブログ

大阪府議会議員アメリカ行政視察団 「視察テーマ 表敬訪問」

11月9日 視察先  サクラメント市・カリフォルニア州政府(加州政府)

30分ほどではありましたが、ジョン・ガラメンディ副知事と面談をしてきました。
同氏は40年前に来日したこともあり、親日家であります。
副知事が地方議会の訪問に対し、多くの時間をとって面談して下さるのは非常に珍しいとのことでありますが、それだけ大阪との関係を重視していると認識いたしました。

団長より同州でおこった大規模火災のお見舞いを申し上げると同時に面談に対する御礼のご挨拶を致しました。
副知事はシュワルズネッガー知事、並びに被災地に対して大阪府議会の真心を必ず届けますと約束していただき、感謝の言葉を述べられました。

その後副知事から我々の訪問に対する歓迎の言葉を頂き、加州にとって日本・大阪府は経済的、人的にも最も重要都市であるとの見解。
加州は全米でも最も熱心に環境問題にも取り組んでいる州であり、今後は一層の努力をしたいとも発言。
環境への取り組みとして日本は先進国であり、日本からもっと学ぶべきであり、アメリカとしてももっと地球温暖化を考えるべきだと話し、京都議定書を尊重すべきとの見解を述べられた次第であります。

前途致しましたが、これだけ原油高になりますとアメリカの経済、国民生活にも大きな影響がでており、エネルギーの保全、再利用等、環境問題は政治の最重要課題だと認識を示されました。

ディーデル車の流入問題、水素ガスステーションの設置等、大阪府議会における環境への取り組み等も説明し、必要に応じ資料の提供も約束した次第であります。
経済、環境等幅広く意見交換が出来、有意義な訪問になったと思っています。

その後、州・上院・下院の議場も見学しながら、同州の政治的問題、選挙の仕組み、議会のあり方、歴史等、アメリカにおける地方議会、地方政治のあり方と我が国の違いを勉強した次第です。

CIMG0202.jpg

アメリカの民主主義に見習う制度は沢山ありますが・・・大阪はそれ以前に問題が山積しております・・・
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)