FC2ブログ

新年明けましておめでとうございます。

本年も皆様にとって素晴らしい年でありますよう祈念しております。
慌しかった年末も過ぎ、本当に健やかで、静かな新年を迎えることが出来ました。これもひとえにご支援賜った皆様のお陰であります。今年も様々な目標を定めて頑張って参ります。

さて今年の干支は戊子(つちのえね)でありますが、干支について私も浅学でありますので皆様と一緒に少し勉強をしてみたいと思いブログに記載致してみましたので参考にして下さい。

干支(えと)とは?
「干支(えと)」とは、正確には「十干(じっかん)」と「十二支(じゅうにし)」の組み合わせです。2008年の場合、十干は「戊(つちのえ)」、十二支はご存知の「子」なので、干支は「戊子(つちのえね・ぼし)」となります。
今では、干支(えと)とはネズミやウシなどの十二支、と思うほうが話が通じやすいですね。

?十干(じっかん)
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸・の10種類です。
読みは、「甲:きのえ、乙:きのと、丙:ひのえ、丁:ひのと、戊:つちのえ、己:つちのと、庚:かのえ、辛:かのと、壬:みずのえ、癸:みずのと」となります。
音読みにすれば、「甲:こう、乙:おつ、丙:へい、丁:てい、戊:ぼ、己:き、庚:こう、辛:しん、壬:じん、癸:き」です。

?十二支(じゅうにし)
干支(えと)の「支」は「十二支」のことで、
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種類です。
日本語の読みは「子:ね、丑:うし、寅:とら、卯:う、辰:たつ、巳:み、午:うま、未:ひつじ、申:さる、酉:とり、戌:いぬ、亥:い」です。
音読みにすれば、「子:し、丑:ちゅう、寅:いん、卯:ぼう、辰:しん、巳:し、午:ご、申:しん、酉:ゆう、戌:じゅつ、亥:がい」です。

古代中国で、天球を約12年で1周する木星の運行を目安として、12の方角に分けて名前を付け、1年12ヶ月の暦をあらわしたのが十二支の成立であるといわれます。
十二支にも陰・陽があり、子・寅・辰・申・午・戌が陽、丑・卯・巳・未・酉・亥は陰で、陰陽が交互に割り当てられています。

干支(えと)
十干と十二支を組み合わせたものが本来の「干支」です。十干の最初の「甲」と十二支の最初の「子」の組み合わせ「甲子(きのえね)」から始まり、「乙丑」「丙寅」・・・と続き、「癸亥(みずのとい)」まで60種類あります。干支がひとまわりして同じ干支が巡ってくるのに60年の歳月を要しますが、生まれて60歳になると「還暦」を迎えるわけです。


色々調べてみて分かったのですが、歴史上の大事件の名称は干支から由来しているものが多く、例えば「壬申の乱」「戊辰戦争」「辛亥革命」等、干支が使われています。阪神甲子園球場の名称も、竣工した1924(大正13)年の「甲子(きのえね)」からきているそうです。

参考に昨年を含め今後数年の干支を記載しておきます。
2007年 丁亥(ひのとい)
2008年 戊子(つちのえね)
2009年 己丑(つちのとうし)
2010年 庚寅(かのえとら)
2011年 辛卯(かのとう)
2012年 壬辰(みずのえたつ)
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

こう見ると干支ってけっこう奥深いもんですね~勉強になり普通に驚きました。それから干支は何種類もあるとは知りませんでした。
僕は宗清さんよりもちょうど10年離れた若い年齢なんですが、これからもブログでメッセージを送ってください!僕もブログを通じて向上心をもって、いろんなまだ知らない事を勉強したいと思います。
もちろん後援会も行きますので、東大阪、いや大阪をより住みよい街してください!末端ながら応援しております。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)