FC2ブログ

此花区視察(3)

3 日本環境安全事業株式会社・大阪事業所
日本環境安全事業株式会社(JESCO)はPCBを安全に科学的に処理する施設であり平成18年の9月に完成いたしました。

小生も説明を受けるまでどういう目的で設立され、何をやっているのかさっぱり???でしたが、簡単に言うとトランスやコンデンサの中にある従来は処理できなかったPCBを科学的に無害で処理し、その他の部分(鉄、アルミ、銅等)は資源として再利用できる技術を持つ究極のリサイクル施設であります。
民間では採算面や技術面で無理があるため国の100パーセント出資で会社が運営されています。

全国に5箇所あり大阪事業所は此花区・舞洲にありますが、この施設だけで大阪、京都、滋賀、奈良、和歌山、京都の全ての今まで処分できなかったトランスやコンデンサを処理します。

現在は大阪市が保管しているものを中心に処理しているそうですが、今後は大阪府全体、関電、私鉄等が保管している未処分のトランス、コンデンサを少しづつ処理していく予定であります。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)