FC2ブログ

常任委員会 [教育非常事態宣言]

教育非常事態宣言

Q1
知事の「教育非常事態宣言」を受けて府教委はどう考えているのか。また、府教委として「教育非常事態宣言」を出す気はあるのか。教育長に問う。

IMG_3187.jpg

A1<教育長>
知事から出された「教育非常事態宣言」については、「全国学力・学習状況調査」の結果から、学力だけでなく、その背景にある生活習慣などにも課題が多いことが明らかになり、学校だけでの取組みでは不十分であるという課題意識から発せられたものと認識。

府教育委員会としても、昨年度に引き続き、厳しい結果が出たことを真摯に受け止め、その課題解決に向けた取組みを、非常事態との認識のもと、緊急に進める必要があると考えている。

そのため、現在、「教育非常事態宣言」を踏まえた、学校、家庭、地域の取組みを支援する具体的な「緊急対策」を知事部局と連携しながら、検討しているところ。

Q1’
只今、「非常事態との認識」とのご発言がありましたが、大阪府教育委員会としては非常事態宣言を出す気はありませんか?端的にお答え下さい。

Q1’<教育長>
府教育委員会としては、非常事態との認識のもと、予算調整権をもつ知事と学力等についての課題・現状認識を共有の上、緊急対策を知事部局と連携しながら検討しているところ。

今後、知事部局と連携の上、実効性のある緊急対策を取りまとめ、その取組みを全力で進めてまいりたい。

Q2
市町村教育委員会は知事の非常事態宣言をどう理解しているのか。また、市町村教育委員会に対して非常事態宣言を出してもらう必要があるのではないか。教育長に問う。

A2<教育長>
昨年の結果を真摯に受け止め、そのための取り組みを行ってきたが、結果として、昨年に引き続き非常に厳しい結果であったことを踏まえ、府教育委員会、市町村教育委員会、学校現場など教育行政に携わる全ての者が、同じ思いで取り組まなければならないと改めて認識したところ。

そのため、府教育委員会では、9月10日に市町村教育委員会教育長会議を開き、結果の分析や改善方策の検討、保護者・地域住民への説明責任などについて要請を行った。

また、事務局内の学力向上チーム会議に市町村教育委員会を加えて拡充するなど、府と市町村が課題と目標を共有し、一体となって学力向上に向けた取組みを進めてまいる所存であります。

Q2’
質問趣旨に全くあわない答弁が返って来ています。

Q3(総務企画課)
大阪府の教育行政に携わる全員が同じ目的意識を持っているのか。危機意識が感じられない。教育長に問う。

A3<教育長>
昨年の結果を真摯に受け止め、そのための取組みを行ってきたが、結果として、昨年に引き続き非常に厳しい結果であったことを踏まえ、府教育委員会、市町村教育委員会、学校現場など教育行政に携わるすべて者が、同じ思いで取組まなければならないと、さらに強く認識したところ。

今後、10月後半を目途に「緊急対策」を取りまとめていく。この対策に基づく取組みを市町村教育委員会、学校、教職員を巻き込んで、力をあわせ、大阪の教育力の向上を図っていく必要があると認識。

Q4(総務企画課)
大阪府教育委員会の皆様が素晴しい計画を作っても、恐らく現場には伝わらないと確信しています。結局、小中学校は市町村の仕事です等等・・・非常事態の意味を理解していないと思う。何かを変えようとすれば、ドギツイことでも覚悟をもって事に当たらなければ何も解決しないと思うが如何ですか、いつまでに、何をなしとげるか、教育長、教育委員長の決意を聞かせて下さい。

A4<教育長>
昨年に引き続き非常に厳しい結果であったことを踏まえ、府教育委員会、市町村教育委員会、学校現場など教育行政に携わるすべて者が、同じ思いで取組まなければならないと改めて認識したところ。

そのため、府教育委員会としては、9月10日に市町村教育委員会教育長会議を開き、結果の分析や改善方策の検討、保護者・地域住民への説明責任などについて要請を行った。

現在策定中の緊急対策においては、地域・保護者にとってわかりやすく、地域・学校あげて対応するという視点をもって、集中的に取組む施策を中心にとりまとめていく。

今年度の結果より、少しでも改善できるよう、これまでの取組みに加え、緊急対策の具体化を市町村教委、学校と一丸となり、全力ですすめていく。

私としても、今回の知事の「教育非常事態宣言」は大阪の学力低迷を受けて教育へのテコ入れが必要という知事の熱い思いのあらわれと、感じている。

今後、府教育委員会としては、市町村教育委員会や学校現場と、課題と目標を共有し、一体となって学力向上に向けた取組みを進めていくことが大変重要と認識。その認識にたち、知事のご理解・ご支援を得ながら、地域・家庭とも連携しながら、「大阪の教育力」の向上に全力を尽くしてまいりたい。

スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)