スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

皇一(こういち)「命名の意味」

私の名前は、皇一です。一般人の私が、皇室の一文字を戴いており大変おこがましい名前となっております。名前の由来は、兄3人は、父親からの命名で、私だけが、母親から命名されました。「皇一」という名前はどういう意味でつけられたのですか?とよく質問されますが、母親が言うには、特に意味はないそうであります。
ここで浅学ではありますが、命名の意味を申し上げます。人間の名前をつけることは本当に大切なことであります。時にはその人の人格やイメージを表すこともあり、名前が人生を左右することもあります。
即ち、名前は決して疎かにしてはいけないという意味で「命名」というそうであります。
「命」という字は絶対的という意味でいのちという。だから非常な意味をもって名前をつけるのである。子供に「お前は大きくなったら名の通り、この通りに修行すればいいんだよ」という意味でつけるのが「命名」である。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

命名
命名の意味とても感動しました。私も我が子に命名した一人ですが、自分の子に対する愛情、希望を抱き悩みぬいて命名した記憶があります。その時の気持ちを忘れず我が子にその名に恥じない人物になれるよう導いてあげたいと思います。命名した時からその子への教育は始まってるのだと実感いたしました。
名は体を表す
”太”と云う字のついた名前の子供が何故か私の廻りにはポッチャリ系が多いですが気のせいでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。