FC2ブログ

WTCへの府庁舎移転案にたいする職員の意見集約について

9月17日の夕方に府庁の職員に対してWTCへの府庁舎の移転に対して意見集約をおこなっていますが、

Q1
どのような目的で意見集約をされたのでしょうか?
また、職員全員が対象ですか?

A1 〔総務部次長答弁〕

○ 庁舎問題については、職員に対しての説明をきっちりしていなかったこともあり、8月19日の部長会議で、WTCへの庁舎移転について、庁内で思いを共有化するための意見交換が行われた。
8月26日に部長会議メンバーによる部局長によるディスカッション、 27日には各部局次長によるディスカッションを行っている。

○ 8月31日の戦略本部会議で移転方針が決定され、9月17日の部長会議で、職員の意識共有を図るため、職員からの意見については速やかに集約することになり、政策企画部、総務部両次長名で各部局に依頼、25日に「WTCビルに関する職員の主な意見・感想」として取りまとめた。

○ 各部局次長あてに、参考に様式を示した上で意見集約を依頼したものであり、集約方法、対象者については各部独自の判断でお願いした。

Q2
約1万の意見集約が1日でできるのか?
なぜそんなに時間的に急いだのか?

A2 〔総務部次長答弁〕

○ 当初は全庁の意見集約したものを取りまとめることまでは考えていなかった。限られた時間の中で、議会にも早急にお示しできるよう、急きょ各部局を通じて意見集約を行ったものであり、悉皆調査をしたわけではない。 
  
○ 今回は、各部局において、独自の進め方で議論が行われ、そこで出された意見を集約したものや、(9月8日・9日に行った)職員のWTCビルへの施設見学による感想なども含まれているが、議論の参加人数や意見を述べた人数などは把握していない。

Q3
正確に職員の意見を集約できたとおもわれますか?
また、同じ条件(資料の配布や説明等)で聞いていますか?

A3 〔総務部次長答弁〕

○ 9月17日に各部局あてに依頼した際には、職員の意見集約と言うことで、「執務環境、周辺環境、通勤環境、その他」の区分を基本として、可能な限り「良い所、悪い所」に分けてもらうようお願いした。既に意見集約されていた部局については、既存のものをそのまま掲載させていただき、統一した様式での取りまとめまでは行っていない。

○ 取りまとめた資料に記載のとおり、移転に対して肯定的なものだけでなく、否定的な意見も含め、自由に記載されているものと感じている。

○ 各部局においてそれぞれ独自の進め方で意見交換や聞き取りなどが行われている。庁舎移転案の資料などにより、庁舎移転の意義など、基本的な考え方は周知されているものと考えている。各部局における説明の方法等について詳細は把握していない。

Q4
出先への派遣、休日や出張中の職員に対する配慮は?

A4 〔総務部次長答弁〕

○ 各部局においてそれぞれ独自の進め方で意見交換や聞き取りなどが行われており、出張中や休暇中の職員への対応についても各部局に委ねている。

Q5
意見集約をしたことで職員の不信感をかっていないか?

A5 〔総務部次長答弁〕

○ 資料に記載の主な意見を見ると、移転に対して肯定的なものだけでなく、否定的な意見も含め、自由に掲載されているものと感じている。

○ 全庁的に職員の間で庁舎問題についての議論が行われたものと考えており、職員の関心、理解も深まっているものと考えている。

○ 当初は全庁の意見集約したものを取りまとめることまでは考えていなかったが、今回、急きょ取りまとめたことについて、特に問題とは考えていない。

様々な問題点がありながら、特に問題はないとは答弁しているのでは矛盾していませんか?人数の把握もしていないし、統一した集約もしていない、各部局にまかせてある、詳細はわからない等・・・何のために意見集約したのですか?報道機関にも提供しているし府議会にも情報提供しているのですから、不正確な資料では目的が達成されていません。目的達成のための細かな配慮が欠けているといわざるを得ない。

Q6
府庁の職員の認識について以前に「府庁の職員は世の中のことを余りにも知らなさ過ぎる、内向きのしてきた文化からすると、なぜ、あのWTCのビルの方が今の府庁よりいいのかを知らないことが、大阪を引っ張る人材として感覚がおかしいと思う・・・これからは東アジアに目を向けなくてはいけない。クリエイティブな仕事、行政の仕事をする公務員にとして、この環境とWTCビルを比較してほしい・・・民間から来られている職員からも、この職場環境はありえない。前向きな仕事が出来るのはWTCに決まっている。
管理職9割が移転する意味がわからないことが公務員組織、府庁組織の悪い文化の継続のあらわれ。こうした状況を変える意味でもWTC移転が必要。内向きな議論はやめよう」と発言されていますが、そんなに府庁の職員は職場環境に対する認識が非常識なのでしょうか?
また、ありえないほどの職場環境と発言は職員から聞こえてこないのはなぜか?
職場環境が悪い、悪いといっているのは知事だけでが・・・
職員の皆様はここではクリエイティブな仕事が出来ないのでしょうか?

A6 〔総務部次長答弁〕

○ WTCビルに関する意見集約の中や、執務室見学などに参加した職員からは、執務環境に関しては、現庁舎に比べて肯定的な意見が多いし、また更なる改善点についての要望なども寄せられている。

○ ご指摘の点だが、実際に他の職場環境との相対的な比較、評価を体感的に行うことが難しいし、私自身、庁舎問題が長期化していることもあり、現庁舎での勤務は、恒常的に決まった状況に対する長年の慣れとしての思いがあり、今の職場環境を改善したいという意識が希薄だったかもしれない。

○ 今後とも機会をとらえて現地視察などを励行し、職員の関心、理解をいっそう深めていきたいと考えている。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

若いくせに変化を拒みWTC移転案に反対されているようですが、そんなことでは
府民からあなた自身が否定されるでしょう。

次の選挙では絶対落とします、覚悟しておいてください、東大阪では毎日倒産が日常です
府市連携の流れを止め大阪が衰退し続けることに執心な貴方には府議会議員は向いていない。

もう共産党議員でも一緒だ、貴方を落選させるためなら、共産党議員にでも投票します、
それとも民主党議員に投票して与党のおこぼれも狙ったほうがいいかな。

大阪の発展を第一に考えられない貴方には何の期待もできない。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)