スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

危機感

最近のマスコミの報道を見て「日本は本当に大丈夫なのか?」と危機感を持っている人は多いと思う。
毎日のようにそのような声を耳にしますし、勿論私のその内の一人であります。

夫婦別姓、外国人の地方参政権、こども手当、高速道路の無料化など・・・項目をあげればきりがありません。
辛辣な表現は出来るだけ避けたいのでありますが、政治家だけがこの原因をつくってきたのではないと思っていますし、全国民の責任が「今」問われていると思っています。

私が常日頃主張していることは、政治家は選挙によって選ぶことも出来ますし、選挙によってしか変えられません。
1票1票の積み重ねで当選し、落選もします。
政治の「利益」も「不利益」も全て国民が受けなければなりません。

私の知る限り国政においても、府政においても真面目に取り組んでいる政治家も沢山おられますが、その方々は決して目立つ存在ではありません。
反対に美辞麗句だけを並べ、理念なき、原則を外れた行動をとる政治家も多く、そういうタイプの政治家はパーフォーマンスを得意としています。

政治家に対する本当の応援とは「応援」「批判」が混在していなければなりません。
よく政治を車に例え「議会と首長は車の両輪」と言いますが、本当の運転手は国民であります。
政治家の質の向上を求めようとすれば、選挙を通じて「ハンドリング」「アクセル」「ブレーキ」を正しく使い分ける以外ないのであります。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。