スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

保育園と幼稚園の学力差

文部科学省は22年度全国学力テストの結果について、7月30日に3?6歳の間に幼稚園に通っていた中学3年・小学6年生の方が、保育所に通っていた児童生徒や、どちらにも通っていなかった児童生徒よりも正答率が高い傾向がみられると発表している。

テスト結果と児童生徒への質問を組み合わせたところ、小中の国語、算数・数学のA、B問題のいずれも、幼稚園に通っていた児童生徒の正答率が最も高く、保育所に通っていた児童生徒の正答率に比べて、3・3?6・3ポイントの差がついている。

また、幼稚園と保育所のいずれにも通っていなかった児童生徒は、幼稚園に通っていた児童生徒よりも、すべての教科で10・8?17・5ポイント下回っていた。

なお、今回の調査では、養育環境や保護者の経済状況の違いなどは調べていません。
全日本私立幼稚園幼児教育研究機構の田中雅道理事長は「幼児教育には豊かな環境が必要。多くの保育所に比べて幼稚園は、一定の広さの運動場や部屋を確保している」と、保育所との違いを説明しているが、子供の生育環境に全く触れていないことにも問題を投げかける専門家も多い。

保育園と幼稚園、生育環境の違いとは何でしょうか。

単純に、幼稚園を選ぶ家庭は夫の収入が安定しており、専業主婦家庭が多いと思われています。つまりは子供の教育に力を注ぐ時間的な余裕が生じているという側面もあります。

一方、保育園を選択する家庭は仕事を持ちながらの子育てとなり、子供の教育に時間を割くことが出来ない環境であるとも考えられます。

しかし、教育をおろそかにしていることとは違い、子供の塾や習い事の教育費を得るために、あえて共稼ぎをしている家庭も多いことを考慮しなければなりません。

この結果だけを見て保護者の教育への意欲の違いであると結論つけるのは、危険な考え方であり、間違いであると考えます。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。