FC2ブログ

久しぶりの更新です

ここ暫くブログの更新が出来ていないことをお詫び申し上げます。

6月4日午前3時頃に改選後の初めての府議会が終了致しました。
この議会では大阪の将来にとって非常に大切な議題を深く議論することなく、維新の会が単独で強硬採決されたことは至極残念であり、民主主義の否定であると危惧しています。

民主主義は多数決で決します。

しかし、あくまで議論を尽くす。
提案者は相手を説得する努力と妥協する寛容さを持つべきであります。
また、提案目的が我田引水であっては誰も納得できません。

大きなことをなし遂げるために、先ず、提案者自身が個々の利益封印していただく必要があると考えます。
そういう努力があってはじめて民主主義と多数決の論理は成立するのであります。

今後、大阪知事選挙、大阪市長選挙をにらんで「政策」より「政局」の議論が中心になることが予想されますが、目下の日本の状況を考えれば「対立より対話」「対立より協調」が求めてられていることは言うまでもありません。

議員一人一人の自覚が問われる時代であると考えます。

以降のブログへ何度かにに分けて重要な議案について説明させて頂きますので、ご意見あれば是非お聞かせ下さい。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)