スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

基礎教育2「初等教育、基礎の基礎」

近年、校内暴力や学級崩壊が深刻な社会問題になっていますが、この問題が低年齢化していることに注視しています。何かしら教師から注意を受けたことに逆上して暴力を振るう行為や、児童間でも些細口論から暴力行為に至ることが多いと思います。
原因は様々であると思いますが、全ての責任は親にあります。「三つ子の魂百まで」という言葉があります様に、キレやすい子供は赤ん坊の時からしっかりとした愛情に包まれて心を養っていない為、様々な能力や感情の土壌を養っていないと思うのです。
この時期の教育、つまり「基礎の基礎」が出来ていない子供は、コミュニケーション能力が乏しく、感情のコントロールを失いやすい傾向があると思うのです。
授業中でも、うろうろと教室を歩き、落ち着きのない生徒が増えているようです。また、深夜遅くまで起きているらしく授業中に居眠りをしている低学年の生徒もいるそうです。
怒れない先生、怒らない先生がいる中、増長していく子供の将来は、どうなるのでしょうか?
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

子供の犯罪は親が責任をとるべきだ。育てた親に刑罰を与えるぐらいの責任をとらさないと理屈では変わらないとこまできてるんじゃないか。
徴兵制度
隣、韓国では未だに徴兵制度が有るらしいですね。その影響なのか愛国心てのが日本と比べると大きく差があるように感じます。日本も徴兵制度復活してみてはどうでしょう、もちろん軍隊ではなく自衛隊として。
世の中先生と呼ばれる人は天狗になってるんでしょう。初心を振り返って欲しいものです。なぜその職業に就いたのか自分はどうあるべきなのか未来予想図を描いたはずです。(すみません宗清さんの言葉パクリました)
高齢出産が原因じゃないかな 親が子の成長についていけないんだきっと
自分の子供が悪いのに棚にあげる親が多すぎる(=_=)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。