FC2ブログ

高校教育のあり方

教育基本条例が話題となっていますが、「私立高校無償化」が続くことを前提に、公立と私立の切磋琢磨が議論されています。

しかし実情は、受験生が特定の学校に集中して、多数の不合格者が出ています。

昨年、私学の無償化をきっかけに希望に沿わない学校に行かざるをえない不本意入学が大幅に増えたと聞いています。

これは、私立、公立共通する問題であり、不本意入学をした子供は、中退する確率も高いと考えています。

人生設計の根本ともいえる高校教育について、生徒が希望する学校に入学し、教育を受けて、卒業して有為な人材となる過程が大阪では完全に崩れかけています。

ただ競争があればいいというものではない。

大阪府がめざすべき高校教育は何なのか。

本質の議論が不可欠であります。

松井知事には単なる枠組み論でなく、教育論を語って頂きたいと願っています。

スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)