スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

自由競争による問題点

東京電力を筆頭に大手電力会社は、これまで送電網を一手に握り、地域独占という環境に、あぐらをかいてきたのは否めませんが、大手10社を本当に独占といえるのでしょうか。                        
日本の電力会社の歴史を見れば、明治初期には電力会社は数百社あり自由に競争していたといえます。

そのため、各電力会社がそれぞれに設備投資(2重、3重投資)をすることで、スケールメリットをいかすことが出来ず、全体のバランスがとれなかった時代があります。

電力会社が乱立したことで、反ってコストが下がりにい状態になり、全体の供給責任が曖昧になる等の理由から大合併を繰り返し、現在に至っています。「安全性」「コスト」「供給責任」という観点だけを見れば、電力会社は出来るだけ少ない方がリスク管理が容易になるのです。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。