FC2ブログ

岩手県視察(2)

8月2日(木)陸前高田市沿岸部

I-1.jpg

陸前高田市で陸地の斜面を駆け上がった津波の高さ「遡上高」は18.9m。

84㎝も地盤沈下しています。

家屋倒壊数は3,341件、人口26,164人の内1,500以上が死亡、また行方不明者のほとんどがまだ見つかっていない状況です。

同市は県内でも最大の被害に見舞われ、昨年の津波で街全体が破壊されています。

「家を建てるなら陸前高田」と唄にも歌われた美しい街がここにはありましたが、この場所では再興できないため、高台移転の計画が進んでいます。

昨年と比べてガレキは整理されてあり、人目を避けるところに撤去されていますが、復興には気の遠くなるような時間と作業が必要であります。

陸前髙田の沿岸部には震災前に7万本松林がありましたが、現在は奇跡的に1本だけ倒壊を免れた木があります。

I-2.jpg

岩手県では同地区を「国営防災メモリアル公園構想」の候補地と位置付け、国に要望活動を行っています。

I-3.jpg

スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)