FC2ブログ

矛盾だらけの「大阪都構想」(4)

総論として小生の意見は下記の通りです。

橋下市長の主張は広域行政については「大阪市長」「大阪府知事」が180度違う方向を向いたことが、大阪が発展の阻害になっている。

広域行政の指揮官は1人でよい。という主張をされるのであれば、2人の意思決定の違いで実施できなかった事業とはどのような事業なのか、現行制度の下では出来ないのか、具体的に示して頂き、現行制度より都構想が優れていることを早急に比較検証し協議会に提示すべきです。

また、大阪都になり、指揮官1人になれば調整が不要で、意思決定が速くできると思いこんでいますが、広域的なインフラ整備、企業誘致、阪神港の一元管理、水道事業、大阪消防庁等、維新の会が主張されていることのほとんどは関係する地元の首長、議会、住民の賛同を得ないと結論が出せません。

指揮官1人という意味は、全て橋下市長の言うことを聞けとことなのだろうか。

それは制度の問題ではありません。

スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)