スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

教育方針1「英語と日本語」

安倍内閣が誕生して早速にも小学校からの英語教育をめぐって議論がなされています。
はっきり申し上げて基本的な議論が出来ていないように思っています。初等教育において英語を重視するのか?また日本語を大切にするのか?議論は様々でありますが、当然のことながら結論は両方大切であります。
ここで私の言う「基本的な」とは、なぜ英語と日本語(国語)のお互いの重要性を認めないのか?ということである。どちらが大切かなどと比べるものではありません。二者択一的な議論はすべきでないと思います。
現在の教育は「ゆとり教育」なので限られた時間の中で全てを教え、選択しようとしますが、大切であれば全体の教育時間を延ばしてでも子供達に教えるべきではないでしょうか?
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。