スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

橋下前知事は「借金の先送り」をしていた(2)

                      <グラフ>            
グラフ

 国が指定しているルールによる基金の積立不足額、これをグラフの■と▲の差として表しています。
 
 この4年間、平成19年度(太田府政最終年度)と平成23年度(橋下府政最終年度)を比較いたしますと、3,915億円から5,547億円へと、1,632億円も大幅に増大していることがわかります。

 これは、橋下府政時代に臨時財政対策債等の赤字債を大量発行により積立必要額が急上昇していることに加え、実際の基金残高が減少しているからです。

 そしてこのことが実質公債費比率の値に悪影響を与え、今回、起債許可団体になったということ、更には、5年後の健全化団体転落の危機の引き金となっているのです。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。