スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

国民は民主党政治に何を期待していたのだろうか。

「民主党になっても政治は変わらなかった」とよく耳にしますが、本当は劇的に変わったのです。大きく、しかも悪く変わったのです。それにも関わらず、民主党へ投票した人ほど政治が変わったことを自覚されていません。

目下の散々たる状態は3年半前の選挙で民主党に投票した人の意思が反映された結果であります。選挙とはそういうものです。

前回の選挙で民主党へ投票した人のほとんどは「子ども手当」「高速道路の無償化」「高等学校の無償化」「年金改革」等バラマキ政策に共感したこと、また、不甲斐ない自民党への制裁であったと思われます。その不甲斐ない自民党を作り出したのも、郵政民営化を争点とした選挙の結果なのです。前回、前々回の選挙でも大量の粗悪なチルドレン、未経験者(新人)を国政に送り出したのは有権者の判断であります。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。