スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大阪都構想の効果は? ~都構想の効果額はマイナス370億円~

8月9日に開かれた第6回の協議会では、「都構想」による財政的効果の試算が橋下市長、松井知事から示されました。

 現在の改革の取り組みによる、継続的効果として、706億円(府市統合と府政改革・市政改革を含む)、一時効果として、37億円(府市統合)。新たな大都市制度「都構想」の実現による、継続的効果として、30億円~270億円。合計で約970億円の効果だとされています。

 この中には、カッコ書きしましたように、都構想にしなくてもできる府市統合(類似事業の最適化)の効果額が入っていると同時に地下鉄やバスの民営化、人員削減等、単なる市政改革の効果額も算入されており、「都構想」とは全く関係のない数字が列挙されています。あたかも「都構想」にすれば、財政的効果が高いかのような資料となっていますが、水増ししているとしか言いようがありません。ご理解頂きたいのは、「都構想」と「府市統合と市政改革・府政改革」は、全く別のものだということです。無論、府・市の改革は現行制度の下で行われており、都構想を前提とはしていません。都構想が実現するのは議会承認後、住民投票で可決された後です。無論、議会や住民投票で否決される可能性も多分にあるのです。

 我々は、府政改革、市政改革、府市の協調は大賛成であり、感情的に「都構想」に反対しているのではありません。二重行政の解消、広域機能の一元化を推進してきた立場です。その目的を達成する手段として「広域戦略協議会」、いわゆる府市統合を協議する制度を条例化しようと提案しているのです。

 松井知事は当初「都構想」の効果は4,000億円あると豪語していたのですが、前途のように都合の良い数字を全て加算しても970億円なのです。反対に都構想に移行するための経費は640億円必要です。純粋に差引すれば都構想の効果額は370億円のマイナスになります。

 地方統一選挙や知事選、市長選のダブル選挙では有権者に「都構想」にすれば大きな財政的効果があり、そのお金を景気対策や住民サービスに使うと言っていましたが、そのような効果がないことが橋下市長、松井知事から提出された資料で明らかになったのです。

 選挙戦を優位に戦うため根拠のないデタラメな数字を並べた責任をどのように考えているのか、今からでも4,000億円の数字について明確な説明をしてほしいものです。説明できなければ有権者に素直にお詫びすべきではないでしょうか。

 我が団からは花谷幹事長が大阪府・大阪市特別区設置協議会に委員として出席していますが、冷静な議論を通じて、都構想の全貌(虚構)を皆様に明らかにして参りたいと考えております。

<関連記事>
■大阪都構想とは ~基本的な考え方~
■大阪都構想と道州制との関係


 ←宜しかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

何を細かいことを?大阪市が無くなるということは太陽系の太陽が消えて無くなるようなもの、毎年1兆円以上の損失ですわな!分かり易い例で、せっかく国から御堂筋の管理を大阪市が引き継いだのに、各区がバラバラか大阪市内に府の土木事務所を三つほど作って管理するんですか?ゴミもバラバラ、道路管理もバラバラ、防災計画もバラバラ。お金では済まない無駄の万博ですね!\(^o^)/
 大阪市内は大阪市、それ以外を大阪府が担っているのが殆ど。それが政令指定都市・府県制度です。ただ、いわれる二重行政は一部ありですが、どちらかに委託すれば解消する話です。
 各区でばらばらがいやなら全ての市町村を廃止して大阪府1つにすればいいのです。何も特別区や都は不要ですよ。
効果はあるのは確か
4000億円でなくとも、かなりの削減効果があるのは確か。
府市統合しなくてもできるはずのことが今まで出来なかったから都構想が出てきたんでしょ。
今更、統合しなくてもできるって!?バカか?
大阪都構想に反対
大阪市や堺市を消滅させ、無駄を増やす大阪都構想に断固反対!
貴方は1円でも経済効果がある事が駄目だと言いたいのですか?血税で払われるものが数百億もでるのに。庶民感覚に疎いと思う。
単なる市政改革?って?自民党やる気ないの?市政改革すらまともに出来ない奴らに都構想を批判されても説得力ないわ!
>貴方は1円でも経済効果がある事が駄目だと言いたいのですか?

都構想の効果額は370億円のマイナスになるから経済効果なんて1円もないのではないですか?
都構想により大阪市が5つか7つの自治区に分割されたら二重行政どころか無駄が5重、7重になるのと違いますか?
大阪市民さん


初期費用など短期的な話はしてません。
初め言ってたより効果ないやん!に対しての疑問です。
中長期的な観点でお話ください。

花園高そして龍谷大って
なにこの学歴で偉そうに府議って
よくもまあ恥ずかしくもなく立候補できたね?尊敬しますよ

学歴?
どの大学出てれば立候補出来るのですかね?
あなたは、さぞ高学歴な方なのでしょうね?
人の批判が出来るのですからね!
良く理解できないので教えてください。

『都合の良い数字を全て加算しても970億円なのです。反対に都構想に移行するための経費は640億円必要です。純粋に差引すれば都構想の効果額は370億円のマイナスになります。』

どういう計算で-370億になるんですか?
小学生の息子が計算したら+330億でした。
移行の経費が無くなる数年後には、数百億の継続的効果が生まれ続けるのならば、4000億ではすまないですね。
市政改革除いた府市統合による効果はMAX300億位で、効果が現れるのは行政のスリム化が完了する20年後からでしょうな。
当面10年は、逆に行政コストが膨らんで大きくマイナスになると見た、その後20年まではトントンくらいかなと。

都構想は微妙な案なのは間違いないが、市政改革は認めてあげても良いんじゃないかな。

コストの話ばっかりしてるけど、都構想の問題点は、大阪の成長戦略が何も示されてないことだと思うよ。
批判だけじゃなく、自民もアイデア出さないとね。
効果額の追記
計算に関して追記出てましたね。

都構想の効果額から府市統合事業の効果額を引いたら264億。
そこから都構想に関する諸費用を引いてマイナス376と言うことみたいです。
都構想により大阪市が5つか7つの自治区に分割されたら二重行政どころか無駄が5重、7重になるのと違いますか?

ごめん、失笑を禁じ得ないw
今、大阪市でやってる担当部局を5~7のセクションに分割するだけやん、なんで5重7重になるねんな。

あとね、むねきよくんに教えてあげよう。
これまで過去数十年と『連携できなかった事』は、これからも『連携できない』と断言できるよ、市議と府議の権益利益供与先をとりあってる、あなた達政治家がよくわかってるだろう。
だから、事業の最適化に関しては『都構想』でないとできないの。
市長と知事が同格の政令市が内包する問題な。
松井・橋下体制だから進んでるだけで、何をいってんだ?

これまで、国政与党で市議会府議会も与党やっててきた結果が、この借金まみれなんだよ?

理解してるの?

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。