スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

小泉発言「脱原発」についておもうこと

最近になって、小泉純一郎元首相が脱原発について「首相が決断すればできる」「政治で一番大事なことは方針を示すことだ」「原発ゼロの方針を出せば、必ずある人が良い案を作ってくれる」「内閣に原発ゼロに賛同する識者を集め、専門家の知恵を借りて結論を尊重して進めるべきだ」等と述べられていますが、世論は脱原発を支持しながらも、原発ゼロを目指すのであれば明確な道筋を示すべきとの意見が大半を占めています。

無論、誰かが素晴らしい知恵を出せるくらいなら、とっくの昔に原発は減っていますし、世界で原発が増え続ける理由はありません。また、脱原発を唱える方々から、原発ゼロに至るまでの具体的な時間や手法、費用の捻出先などの具体論を聞いたこともありません。国民生活や経済活動に支障をきたすことなく、原発を無くす方法があれば、直ぐにでも教えて頂きたいものです。

私は原発の推進派ではありませんし、専門家でもありません。出来れば、危険が伴う原発は絶対にない方が望ましいと考えていますが、本当に国民生活や経済活動に支障をきたすことなく、原発を無くすことが出来るのか、様々な疑問を捨てきれないでいるのです。

 ←宜しかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。