スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

■株式売却の目的は? 誰のためなのか?■

価格点70点、提案点30点とした選定方法についても、府から納得のいく説明がありませんでした。鉄道やトラックターミナルは極めて公共性が高い事業であり、事業の性格を考慮した選定方法を取るべきであったと主張してきました。

売却に当たり最も重視すべきことは、泉北高速鉄道が将来にわたって安全、確実に運営されるのかということです。

松井知事は沿線自治体に負担を求める発言をしていますが、広域行政と基礎自治体のあり方からも、知事の姿勢には大きな問題があると考えます。公共交通機関としての基本的役割を将来にわたり、しっかり果たすことが重要であり、泉北ニュータウンのそもそもの事業目的が、株式売却によって損なわれるようなことは絶対にあってはなりません。

株式売却の本来の目的に立ち返るべきです。いったい何のために民営化するのか、誰のために民営化するのか、株式売却収入が単なる府の赤字補填になっていけないのです。


 ←宜しかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。