スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

平成26年 岩手県視察④- 陸前高田市内 -

岩手県の中でも特に被害の大きかったのは陸前高田市です。

あれから3年経った今、インフラの復興は以前に比べれば格段に急ピッチで進んでいるという印象を受けましたが、一方で他の地域と比較しても、人口の流出に歯止めがかからないのが現状です

被災事業所の動向で見ても、廃業した事業所が約4割と、これも他の被災地と比較しても断トツであります。復興事業には人出が足りないという一方で、公共工事以外での労働力の需要がなく、雇用の受け皿がないことが人口の減少に追い打ちをかけているのであろうと考えられます。

国の復興事業で立派で綺麗な町ができたとしても、そこにどうやってお金が回る仕組みを作るか、人々が帰ってきてくれる仕掛けを作ることが出来るかが最大の課題であると感じました。


 ←宜しかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。