スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

平成26年 岩手県視察⑤- 気仙地区農地復旧状況 -

陸前高田市では沿岸部や川沿いの田や畑などの農地も大きな被害を受けましたが、平成24年~25年にかけて気仙川沿いの一部の農地が見事に復旧されていました。

農地に堆積した砂15cmのうち、がれきの混じっている上層部を排土し、下層部についてはスケルトンと呼ばれるマス目状のパケットにかけて石礫を除去し、排土したのと同じ量の土を戻すという工法が用いられました。

当初心配されていた塩害については、約一年間の雨が塩分を流してくれたとのことであります。その結果、24年度に復旧した田では翌年には稲作が可能になったそうです。

土の性質が変わったこともあり、まだまだ収穫量は以前の水準には至っていないと言う事ですが、被災地に黄金の稲穂がたわわに実る日も遠くはないはずであります。


 ←宜しかったらクリックお願いします。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。